ヒアルロン酸注射を体験してみて

友達にヒアルロン酸注射をすすめられ

ヒアルロン酸注射 / 自由が丘クリニック

お肌の曲がり角を過ぎるようになり、日々老化を感じます。
特に、毎日鏡で見ると、毎日新しいシワやシミが増えているように思えてしまいます。
同世代の友人と集まると、途端に老化の話になり、それはまるで高齢者が病気と薬のことしか話さなくなるのと同じような感じです。
以前、同窓会で友人一同集まる機会がありました。
女子校だったので、皆老化について真剣に悩んでおり、基礎化粧品やサプリの話で盛り上がっていました。
すると、学生時代からお化粧や美容に詳しかった友達が「ヒアルロン酸注射がいいよ!」というので詳しく聞いてみました。
その彼女は、美容整形にたいして抵抗がなく、美を保つためにはなんでも挑戦するタイプでした。
ヒアルロン酸注射が流行り始めて、すぐに打ちに行ったそうです。
費用もびっくりするくらいではないし、一度打ったら1年くらいもつと聞いたので、私も打ってみたくなり、リサーチをし始めました。
自宅から少し行った大きな駅には、想像をこえた数の美容外科があり、口コミを細かく見てから実際にどこで施術してもらうかを決めました。
値段は1回5万円と、そこまで目が飛び出る金額でもなかったです。
まずはカウンセリングをしてもらい、どうして注射を打ちたいのか、どのようにしたいのかを細かく伝えました。
先生によると、「年齢がそこまで上ではないので、まだやらなくても良いレベル。
施術ではなく、顔のマッサージや体操などでも効果はある」と言われました。
確かにまだ年齢がそこまでいっていないと思い、自分なりに努力をしてみることにしました。
まずは高価な基礎化粧品を買い、毎晩長時間かけてフェイスマッサージを行いました。
そして、テレビで良いとされてるフェイス体操、器具を使った口角上げ体操などもやりました。
逆立ちが良いと聞けば、どんなに疲れていても取り付かれたようにやったのを覚えています。

友達にヒアルロン酸注射をすすめられ : ほうれい線が目立たず、5歳くらいは若返っている〜!と感激